SNSの普及で変わったこと

SNSでは「今日ここにきてます!」や「今日はここに行ってくる」といった投稿が多くみられます。 しかし、その投稿であなたの居場所を、あなたが知られなくない細かい位置情報まで、気づかないうちに多くの人に伝えてしまっていることもあります。 それで犯罪に巻き込まれることがあるので注意しましょう。

写真や位置情報に注意

スマホを使っている人ならば、1つ以上はSNSアプリを使っているのではないでしょうか。

SNSの普及によって、なかなか連絡が取れていなかった友人や知人との連絡が取りやすくなったり、近況が知ることができ、便利になりました。
例えば、友達が結婚したとニュースでしたら、昔なら直接連絡をもらうか、もしくは友人と話をしていてその中で聞かないとなかなか知ることはできませんでした。
しかし、SNSが普及した今なら、本人が「結婚しました」と写真付きでアップすれば、SNSで友達の人は全員知ることができます。
もしくは、結婚式に参列した人が「友達の結婚式に参列してきました」と投稿することでも知ることもできます。

SNSでは他に年始の挨拶でも使われることも増えてきました。
年賀状をメールで済ませることが増えてきたと言われていましたが、今となってはSNSで投稿したり、個別やグループ内で挨拶することも多くなってきています。

そういった意味で人とのコミュニケーションがより気軽に、離れていたとしてもよりタイムリーにできるようになりました。
これは大きなメリットと言えることでしょう。

しかしながら、一方で、SNSが絡んだ犯罪や悪質な行為も存在します。
また、SNSでより密なコミュニケーションができることになったことにより人間関係がうまくいかなくなったりもする時もあります。

SNSのリスクを知ることで、SNSの危険な面を知り、回避できるようになっておくことで、今後も安心してSNSを使えるようになります。

SNS疲れを感じる人続出

SNSは友達や疎遠になってしまった人の近況を知るのにとても便利で、気軽にやり取りができる所がメリットで、普及した要因の1つとなっています。 しかし、その手軽さゆえにSNSを長時間利用して疲れを感じる人が増えています。 目やその周辺の疲れといった身体的なものよりも心の負担になっている場合が多いです。

知らないうちに騙される?!

SNSはインターネット上のやり取りで、アカウント名が同じだとそれが別人だと判断しにくいです。 そのため知らないうちに悪質なサイトにアクセスしてしまったり、また個人情報が洩れてしまうこともあります。 そうならない為にはどうしたらいいのでしょうか。