>

SNSの普及で変わったこと

写真に潜む危険

スマホにはカメラがついていますよね。
スマホで写真を撮って、それをSNSに投稿することも利用する人なら当たり前のことになっています。

しかし、この写真の投稿にはいくつもの危険があります。
というのも、スマホのカメラでも最近のものでは画質がかなり良くなっています。
それゆえ、ピースをした写真から指紋を複製したり、瞳に移るものを拡大してみることもできるそうです。
一般の人は中々そこまでする人がいるなんて想像しにくいですが、例えば指紋を使って個人情報が見られてしまったり、投稿者の周辺に誰がいるのかがばれることもあります。

また、友達との写真に背景に映っていたものから居場所がばれることもあります。
例えば電柱やマンホール。
これらには地域が特定できるようなことも書かれていますので注意しましょう。

位置情報に関しての設定は確認してますか?

スマホのカメラで撮影し、それをアルバムでみると、撮影地点が記録されていることがわかります。
設定をオフにしておかないと、写真をどこで撮ったかというのがわかってしまいます。

旅行などに行っていて、それを投稿しているのであれば気にしないかもしれませんが、例えば1人暮らしの女性ですと友達以外の人に自宅はどのあたりか知られたくないですよね。
しかし、先ほどの設定がオンになっていると、自宅の位置について投稿で触れていなくても、大まかな位置について載ってしまうことがあります。

また、SNSの方でも位置について載せる載せないの設定があります。
自分が家にいるかいないかを知らせることにもなりかねないので、必要でないのであればこの機能は使わない方が無難でしょう。


この記事をシェアする